人気のあるランドセルとは

ランドセルのトレンドは毎年違います。人気のあるランドセルはすぐに売り切れてしまうので、早めに購入することをおすすめします。

どこをポイントにランドセルを選ぶといい?

老舗ブランドのものを選ぶ

有名なカバンメーカーが製造しているランドセルは、保証や作りなどの点で安心感があります。

子どもが気に入ったデザイン

ランドセルを使うのは子どもなので、子どもが気に入ったデザインかどうかで選ぶ人も多いです。

長く使うから耐久性も大切

ランドセルは6年間使用するもので、特に男の子は乱暴に扱う事が多いので耐久性も重要です。

荷物をたくさん入れるので軽さも大切

教科書やプリント類などをランドセルにいっぱい詰め込むと、かなりの重さになるので、ランドセル自体は軽いほうが望ましいです。

A4フラットファイルに対応している

学校で使うA4フラットファイルがきちんと収まるサイズであると、プリント類が折れないので使いやすいです。

好きな色を選ぶことができる時代

ランドセル

10年ほど前までランドセルのイメージは、男性が黒いものを、そして女性は赤いものを背負って学校に通うのが常識と考えられていました。しかしその常識は現代では緩和されるようになり、黒や赤だけでなくピンクや紫、黄色など様々な色のランドセルが販売されるようになっています。つまりランドセルも、選ぶことができる時代となってきたということです。しかしもし購入すれば、6年間ずっと使い続けることが望ましくあります。もし新しいランドセルを子供自身に選ばせるのであれば、6年間卒業するまでずっと使い続けることを約束することで責任感が芽生えるといわれています。人によっては、黒や赤以外の色のものを選ぶのに世間体に不安を感じて、無難な色を勝手に購入してしまう親や祖父母もいますが、現代は選ぶことができる時代です。小学校へ入学する前に子供に自分が欲しいと感じるランドセルを選ばせることは、自己責任間を考えるためのスタートラインに立つことになるので、良い教育になることもあります。

子供に自己責任感を持たせることが大切

ランドセル

基本的にランドセルは、普通のリュックサックに比べると少し価格が高い買い物となるものが多くあります。昔に比べると、だいぶ費用を抑えることができるものも販売されるようになってきていますが、平均的な金額はおおよそ1万円前後といわれています。なかには5万円や10万円するものもありますが、そこまで高いものを購入する人は稀といえるのかもしれません。しかし1万円前後でも、安い買い物ということはできません。小学校へ入学するお祝いとして、そして長年使い続けるものとして、6年間使えるものを選択させる行為はかなり大事なことです。途中で壊れて使用できなくなったのであれば仕方なく買い替えることもありますが、ただ飽きただけでとにかく新しいものが欲しいという場合は、しっかりと自分自身が選んだものであること、そしてそれは責任もって最後まで使い続けることを認識させることが大切です。